2017年02月

ボディ割れ修理 / Cole Clark FL2A

cole6

ジャック部からボディが割れてしまいました。

cole5

裏から補強が入っていますが、エンドピンジャックほど強くはありません。

下の画像で確認できるように、エンドピンジャック部には、厚みや大きさはまちまちですがエンドブロックがついています。

cole3

茶色いボディは、割りときれいになります。

cole2

フラッシュあり。

cole1

中の補強部は作り直し、細かくなって無くなってしまった部分はエポキシパテで補充。

エンドブロック部はある程度の厚みがあるのが確認できます。

cole4

 

他のページにもボディ割れの記事がありますので、よろしければそちらも見てみてください。

ボディ割れ修理のページへ

 

リフレット / Gibson SG

sgリフレット1

Gibso SG のリフレット(指板修正、フレット交換、ナット交換)をします。

sgリフレット2

フレットもぺたんこ、指板もねじれています。

sgリフレット3

フレットは、Dunlop 6105

sgリフレット5

フレットに高さが出来、弾き心地も大分変わりました。

sgリフレット4

ナットも新しいフレットに合わせて作り直します。

音詰まりも解消して、気持ちよく弾けます。

フレットがしっかり立っていると、チョーキングやビブラートが楽です。

ピックアップ取り付け / Martin 00-18v

00-18v14

LR.Baggsのコントロールはココに付きます。

メーカーやモデルによって、着く位置が多少前後します。

00-18v15

エンドピンジャックのキャップは、ジャックと面位置か少しジャックが出ている位が良いのですが、エンドブロックが厚目の場合、面位置にならないこともあります。(もう少し出したいのですが、これでいっぱい。)

ジャックは緩まないようにしっかり締めこみます。

00-18v13

サドルの両サイドは通常四角く仕上げますが、こちらのモデルは丸なので、まるく。

00-18v18

ピックアップの取り付けは、出音のバランスが良ければそれで良いのですが、弾き心地が悪くなっては意味ないですし、ジャックの事や、配線の取り回しのことや、こだわると色々と面倒な作業ではあります。

(Martin  00-18)ブリッジ修理 → ネックリセット → ピックアップ取り付け 

ピックアップのブログページへ

ネックリセット / Martin oo-18v

00-18v11

ネックを外す際に現在のMartinは、トップに空けられたアジャストロッドの溝から蒸気がボディの中にも出てきてしまうので、中が濡れないようにしないといけません。

00-18v12

現在のMartinは、ダブテールジョイントのネックでも、ヒール側にはボルトの受けがあります。

 

00-18v18

どんな上位機種のダブテールジョイントでも何故かヒールにボルトの受けがあります。

00-18v17

ヒールもきれいに削れました。

00-18v16

反対側も同じく。

(Martin  oo-18v)ブリッジ修理 → ネックリセット → ピックアップ取り付け

ブリッジ修理 /Martin oo-18v

00-18v1

ブリッジを慎重に剥がして貼り直します。

00-18v2

剥がす前に撮れば良かったのですが、ブリッジは反りながら、はがれていきます。

00-18v3

底面を削って平らにします。

00-18v4

左の画像では、反っている部分が浮いているのが分かります。

00-18v5

左下側は反りが強く、このままでは削りすぎてしまうので、エボニーの粉を足して調整します。

00-18v6

色が違う部分が足した所です。

00-18v8

ボディ側も調整します。

00-18v9

修理者によると思いますが、反っている上側は無駄に削らず、そのままです。

ピックアップ取り付け予定につき、現状の溝は使えない為、一旦埋めます。

00-18v10

このピックアップとサドルが入る溝は、精度が悪い場合、いくらサドルの精度を上げても、出音のバランスが取れ無い為、このように直します。

 

こちらのギターは、ブリッジの修理、ネックのリセット、ピックアップの取り付けとつづきます。

ペグの話。

 

ペグ3

ロトマチックタイプのトルク調節部分。

本体とペグボタンの間に入っているワッシャーがつぶれる程、締め付けています。

締まるから、締まるところまで締めちゃう人がいますが、これだと重くてチューニングが疲れちゃいます。

 

 

ペグ4

2~3枚入っているワッシャーの内1枚は板ばねなので、こんな感じが良いのですが、左画と違いがわかりますか?

緩みやすいならば、板ばねを交換してみるのも良いかもしれません。

 

ペグ2

金属のワッシャー、板ばね、プラスティックのワッシャーがよく使われていますが、上の画像は、板ばねがつぶれて、プラスティックのワッシャーは割れてはみ出しっちゃっています。

ペグ1

ペグが原因でピッチが狂うなどと言う事はほとんどありませんので、(ウクレレ等のギア無しペグは別)巻ければ良いと言う人でなければ、ここも注意してみてください。

巻き心地が良くないと結構ストレスになりますもんね。