スタッフブログ

ネック折れ(塗装修正なし)/ Gibson Firebird


ネック折れ。


このペグはカッコよいのですが、重いです。


今回も接着のみの塗装修正なしで仕上げます。


完了ですが、まだ折れているんじゃないか、と言う位割れの跡が見えます。


塗装修正有りの場合、この割れ跡を分かり難くするには、この部分を濃く色をつけてぼかしたり、これはやってませんがナチュラルっぽい色で塗りつぶして、木目を書き入れる業もあります、これは頑張ってやって、上手くいくと達成感があるのですが、落ち着いてみると気持ち悪かったりします。


他には割れ周辺、もしくはネック全体の塗装を剥がして、下地から調整し直して、塗装し直せばある程度きれいにいくのですが、それでも筋が多少残ったりまします。


 

ライブなど演奏活動メインの方は、通常使用で支障が無ければ、塗装修正なしの仕上げで修理する事が多いですが、何れにしよ塗装修正有りの場合は、ナチュラル仕上げは色を付けて、なんとなく自然な雰囲気を出せないので、とても難しいです。

 

ナチュラルのネック折れをなるべくきれいに仕上げる場合は、どのような方法にするかお客さんと良く考えて決めます。