トラスロッド

ロッド折れ(交換) / Gibson

アジャストロッドのナット部が折れてしまっています。

コストの掛からない方法としては、折れた奥の部分の木を掘って露出させたロッドにまたナットをはめる方法がありますが、締め切って折れたロッドにナットを付けてもあまり意味がないので当方ではその方法は採用していません。

この場合は、折れたロッドは取り外し交換します。

このモデルのトラスロッドはGibsonのトラディショナルなタイプで、仕込み方が新しいのですが、やる事は同じです。


トラスロッドは長さを合わせて作ります。


当方のロッドエンドはGibson より大きく、知り合いのバイク屋で溶接してもらっています。


ロッドはチューブで覆います。

錆び難くなり、効きもスムーズになります。


メイプルで埋め木します。

 


指板は剥がしてしまうと、ピタッと元の位置には戻りませんので、削って合わせます。


削りましたので、塗装も直します。


指板を貼り直した際は、指板上の精度も狂いますので、指板を削り直して、リフレットします。


フレットバインディングは、オーバーバインディングになります。

ロッドはナットから出っ張らない位がカッコよいかと思います。

ご自身でやってみる事は、よいことですが、無理は禁物です。

全てアジャストロッドでネックを直すのは不可能です、アジャストロッドで調整できる範囲は一部だけですので、その際は専門ショップにご依頼下さい。

 

Framus 5-024 / トラスロッド交換

ヘッドを繋げたら、全く効く気がしないアジャストロッドを交換します。

Gibson等では絶対にありえないですが、埋め木がスッポっと抜けました、よく見ると埋め木がほぼ真っすぐ!?

だってロッドがほぼ真っすぐなんだもん。

 

そしたら溝だってほぼ真っすぐだから、アジャストロッドは効く訳ありません。

ロッドがちゃんとたわむ様に溝を直して仕込みます。

埋め木もたわみに合わせて作ります。

アジャストロッドのトラブルは、調整し切ってそれ以上締められない場合、更に締めてねじ切ってしまう場合、ロッドエンドが緩んで締めても締めても全く効かない場合があります。

ナット側でねじ切らないように注意は出来ますが、エンド側は注意できませんので、当方のロッドエンドは溶接してもらい、更に仕込む際にはエポキシにて固定します。

こちらのページの 3/5 ほど下がったあたりで当方とGibsonのロッドの比較画像が見られます。