ボディ(トップ、サイド、バック)

Framus 5-024 / ボディ修正

ジャックの穴だと思いますが、ずいぶんと大きな穴です。

予め中からパッチを貼って塞いでおきます。

アメブロに中の画像あります。

塞いだら色を合わせますが、元通りにはなりませんので、雰囲気がなんとなく合えば良しとします。

ピックアップが取り付けてあった部分が加工されていますので、こちらも修正します。

こちらも雰囲気がなんとなく合う感じに。

 

ボディ剥がれ、割れ / Ovation Celebrity


Ovation のボディですが、トップとボディサイドが剥がれています。


いつの間にか剥がれている場合も多いのですが、こちらは、ぶつけて剥がれてしまったようです。


見た目は地味目な破損ですが、なるべく段差が残らないようにやろうとすると、接着は派手目な見た目になります。

 

 


クランプを外したら、修正して仕上げます。

クランプを掛けるまでは、あーでもない、こーでもないといろいろ考えますが、クランプを掛けてしまったら、見えませんので、後は祈るのみです。

祈りが通じた時は、ピタッと決まりますが、大体ほんの少しどこかに段差が残ります、そこは削る等して合わせるしかありません。(こちらも↑)


割れは跡は取りきれませんが、削り取って修正します。


若い頃、中尾貿易で10年位、Ovation の専門リペアをやっていた頃のモデル。

 

 

ボディ割れ / Maui Music con

maui2

ウクレレを落としてしまったそうです。

maui1

ウクレレの落下による破損は、割と頻繁に修理に持ち込まれます。

maui3

1部だけではなく、長く割れてしまいました。

maui6

長くラインで割れている場合、接着の際に出来るだけ段差がつかないように平らになるように接着します。

maui5

ギザギザに割れた部分は、大分跡は残るかと予想しましたが、思いの外きれいに出来ました。

maui4

長く割れた部分も段差無く接着できました。

maui7

 

この程度の割れ修理でしたので、音にも影響なく一安心です。