ネック折れ

何度もネック折れ修理 / Gibson B-25

こちらのギター、何度もアクシデントに見舞われています。

前回当方で修理する前も,よそで修理しています。

同じ所から折れている様に見えますが、同じ所から折れた時は、このように接着剤がそこにありますので、こちらは前回修理部分の強度に問題ないことが分かります。


今回も塗装修正は無しで。


ロッドカバーは白い縁がありますが、拘らない方。


ピッタリ着いています。


ピッタリ付いています。

「つく」という字はどちらが正しいのですか?

何度でも直して、その度に迫力が増すギター。

オーナーは、ミディアムゲージで演奏する女性、ギターとのギャップが素敵です。

 

ネック折れ修理(塗装修正なし) / Gibson LP


修理依頼の多い、ネック折れです。

 


今回は塗装修正なしで仕上げます。


塗装修正なしの場合は、コストを抑えて納期を早めに出来ます。


但し接着後、段差の修正をする際に塗装が剥げてしまうまかも知れませんが、それはやってみなければわかりません。あしからず。


塗装修正無しですが、剥げませんでしたので、きれいに仕上がりました。


よく見ますと、割れていた筋上に白く跡が若干残りましたが、肉眼では然程目立たないと思います。


ホームページ上にバンジョーのネック折れ修理の例がありますが、あちらも塗装なしで、このように塗膜が厚ければ割ときれいに仕上がります。


正面は、折れておじぎをした際に付いた筋が残ります。


 

エレキはボディが重い分、倒れた際には折れてしまう確率が高いです。

アコースティックギターも同様、立て掛ける際には、気をつけて、ケースに入っていても安心ではありませんので、倒れない事の確認をして下さい。

それでも、アクシデントは付きもの。

その時は、皆川ギター工房にお任せ頂ければ、幸いです。

こちらの例のような通常のネック折れ修理は、補強無しで、同じ箇所は折れない修理をします。

当方修理で再度アクシデントのあった際、同じ部分が折れている様に見えた場合、ご確認下さい。

そこに修理の際の接着剤は、ほとんど付いていないはずです。

 

ネック折れ修理( 塗装修正あり)/ Gibson J-45

ネックが折れて分離しています。

今回は塗装修正ありで仕上げます。

毎度の事ながらGibsonですが、ギブソンが折れ易いわけではないですよ。

前にも言いましたが、ギブソン持っている人がいっぱいいるからです。


当方のネック折れ修理は、補強しなくても良い接着をします。


ギターの修理や製作には、タイトボンドが使われる事が多いですが、


ネック折れに関しては、補強しなければタイトボンドは使用できません。


その場合、修理コストが上がり、その部分だけ必要以上の強度が上がり、再度アクシデントがあった場合、複雑化してしまう事があります。

塗装修正ありの場合は、できるだけきれいに仕上げる目的で、元通りの見た目に戻す事ではないので、その点ご了承ください。

特にシースルーの塗装の場合は、元より濃い目の着色になる事もありますので、その点もご了承頂ければ幸いです。

特にネック折れ修理に関しては、それぞれの工房の考えや技術がありますので、いろいろ比較して、ご検討頂ければ幸いです。

 

ネック折れ(塗装修正なし)/ Gibson Firebird


ネック折れ。


このペグはカッコよいのですが、重いです。


今回も接着のみの塗装修正なしで仕上げます。


完了ですが、まだ折れているんじゃないか、と言う位割れの跡が見えます。


塗装修正有りの場合、この割れ跡を分かり難くするには、この部分を濃く色をつけてぼかしたり、これはやってませんがナチュラルっぽい色で塗りつぶして、木目を書き入れる業もあります、これは頑張ってやって、上手くいくと達成感があるのですが、落ち着いてみると気持ち悪かったりします。


他には割れ周辺、もしくはネック全体の塗装を剥がして、下地から調整し直して、塗装し直せばある程度きれいにいくのですが、それでも筋が多少残ったりまします。


 

ライブなど演奏活動メインの方は、通常使用で支障が無ければ、塗装修正なしの仕上げで修理する事が多いですが、何れにしよ塗装修正有りの場合は、ナチュラル仕上げは色を付けて、なんとなく自然な雰囲気を出せないので、とても難しいです。

 

ナチュラルのネック折れをなるべくきれいに仕上げる場合は、どのような方法にするかお客さんと良く考えて決めます。

 

ネック折れ修理(塗装修正あり)/ Gibson LP


ネックが折れていますが、いつもと少し状況が違います。


つけても、つけても折れちゃって、そのうちどうでも良くなっちゃった感じでしょうか。


これ、「修理工房にて修理済み」で買って、届いたギターだと言うのですから、酷い話です。


折れた跡が隠れ辛いものは、やはり色が多少濃くなります。

ナチュラルカラーの場合の着色は、するのか、しないのか、薄くか、濃くか、ご相談の上。


一番大事なのは、今後通常使用でまた、ヒビが入ったりしないように修理することですので、


「塗装修正あり」の修理でも、「なるべくきれいに」 が目的ですので、元通りになると言うことではありません。悪しからず。

最近は、レスポール等も中古で安く買えるようですが、気に入ったギターは直すしかありませんね。

こちらも鳴らしたら、音が良かったので、修理したそうです。

確かに、ナイス音!でした!

 

ネック折れ(ヘッド分離) / Gibson J-45


 

普通に折れただけでもショックですが、ヘッド(ネック)が折れて、分離してしまっています。

でも大丈夫。 着けてあげればよいのです。

骨折が治った後のように、強く接着すれば良いのです。

製作や修理の際に頻繁に使う「タイトボンド」では補強が必要になり、コストが上がり、再度アクシデントがあった場合は、折れ方が面倒になる可能性があります。

ネック折れ修理は、修理者によって考えや方法がこれほど区々な修理は無いと思いますので、いろいろ見てみると興味深いかと思います。

なるべくきれいに仕上げたい場合は、塗装修正あり、直ってさえいれば良い、(塗装修正無し)の2通りの仕上げ方が有ります。

塗装無しの場合は、コストを押えて、納期も短く修理が出来、強度に差は全く有りません。

こちらは、塗装修正無しで仕上げます。


塗装修正無しの場合、基本的に色が剥げた場所はそのままですが、場合により筆で色を付けることもあります。


平らに磨いた所に筆で色をつけると、筆の跡も付きますので、返ってきたなくなってしまいがちですが、そこはどちらが良いか、経験上判断させて頂いています。


分離していなくても、割れた部分は段差がつきますので、磨いた際に塗装は剥がれます、塗面の厚差によっては大きく剥げます。


世間的にひとつ誤解されがちな事は、「Gibson はよく折れる」的な捉えられ方が有りますが、そうでは無く、Gibson を使っている人が圧倒的多いと言う事です。


気を付けなければ、凹んでしまう材料を使っているメーカーもある中で、ネック折れ修理の際にもGibson は直接クランプしても、木が凹む事が無い良い材料です。

 


ヘッドに角度が付いているギターは、何かしらアクシデントがあった場合は、ネックは折れ易いです。

倒したりしないよう気を付けましょう。

 

Framus 5-024 / ネック折れ


こちらは、ネック折れと言うより、接着部から外れています。

ネックの接ぎ方には主に2種類の方法があって、これはスカーフジョイントと言う接ぎ方です。↓


他にもこの穴を直したりと、いろいろやる事がありますので、何回かに分けて紹介していきます。


こちらのギターは、ジョンレノンのファンの方がこの状態で買い付けて、縁あって当方にお越しいただきました。

 


 

出来上がっちゃっていますが、作業がいろいろ並行して進みましたので、詳しくしようとすると余計に分かり辛くなりそうなので、なるべく見易くなるように簡単に見て頂きます。

このジョイントは、クラッシックギターでよく見られる方法で、他にはTaylorがすぐに思いつきます、フィンガージョイントと言う継ぎ手があります。

Martin のように贅沢なワンピースネックも有り、それが一番良いかと言えばそういう事でも有りません。

どのネックが良いのかは、それぞれの考え方によります。

 

 

 

ネック折れx2 / Martin

2重折れ1

二重に折れてしまいました。

前後、両側から力が掛かっております。

2重折れ2

こちらは、「塗装修正無し」で仕上げます。

当方は、「塗装までなるべくきれいに仕上げる場合」と、「見た目は気にせず修理のみ出来ていれば良い」の二通りのお見積もり。

2重折れ3

塗装無しの場合は、塗装が剥げた部分は、基本そのままです。

2重折れ4

割れが入ったラインは、元の位置には戻りませんので、段差が出来ます。

2重折れ5

演奏に支障が出ないように、段差は磨いて落とします。

2重折れ6

塗膜の厚さ等にもよりますが、段差の部分の塗装から剥げて行きます。

 

修理した部分は、骨折と同じく強くなりますが、ネック全体が強くなったわけでは無いので、転倒などのアクシデントには十分気をつけてください。

 

ネック折れ(ホームリペア失敗)/ Gibson LP

折れ1

ネックが折れた際、ネットで調べて接着したようですが、使っているうちにまた折れてしまったそうです。

折れ2

それ以来、放っておいたそうですが、今回、塗装修正無しでの修理のご依頼となりました。

折れ3

この接着剤は、取り除かなくてはなりませんが、幸い奥までは流れ込んでいないようです。

折れ4

塗装無しの場合、基本、剥げた部分はそのままです。

筆などで色をつけると平らでなくなって、返っておかしくなります。

折れ6

塗装が剥げずに済むか否かは、元々の塗装がどの程度厚いかにも寄りますが、出来るだけいじらずに持ってきていただければ助かります。

折れ7

一度折れた部分は密着しても、少なからず段差が出来ます、2度目の修理は割れ口の段差も大きくなりがち、触った時に違和感が無いように割れ周辺も研ぎます。

折れ8

 

音楽を奏でる道具として、見た目は気にせず弾き倒すのみ、という方は少なくありませんし、塗装の剥げも返って迫力が出て良し、とする方もおります。

とても大切にキズがつかぬ様、接する方もおられます。

どちらもギター好き。

 

ネック折れ修理 / Gibson J-200

j-200neckore1

こちらは、塗装修正ありで承りました。

ワンピースのネックとは趣が違う折れ方をしております。

真ん中に3mm幅位のマホガニーを挟んだ3ピースのメイプルネックです。

j-200neckore2

3等分したメイプルネックを3ピースと呼ぶ人もいますが、あれは間に薄いローズが挟んでありますので、5ピースだと思います。(一般的には、どちらかは分からないです。)

j-200neckore3

当方は、塗装修正有りと、無しの2通りのお見積もりをいたします。

j-200neckore4

塗装修正無しの場合も強度に影響は全くありません。

j-200neckore5

当方の場合、過度な補強はせず、修理した部分は折れない修理をします。

 

塗装修正有りは実感で言いますと、ネック折れ修理全般の3割位かなという印象です。

過去のネック修理にて、再度倒して修理箇所では無いところが折れてしまったという事例は幾つかありますが、使い続けていてヒビが入ったや、また折れたという報告は一度も無いのが当方の自慢でございます。