ネック折れ

ネック折れ修理(塗装修正あり)/ Bass Guitar

当方のブログを見るとネックの修理ばかりやっているような印象ですが、そんなことは無く、ネック以外の修理も同じ様にあります。

ですが、いつもビフォーを撮り忘れてしまいます。

見て頂きたいものに限って、撮り忘れます。

ある程度手が進んでから気が付きます。

アフターだけ見せられても、ただ普通の状態が写っているだけになってしまいますので、それ見せられてもしょうがないですからね。


塗りつぶしの修正は、修理跡は分からなくなります。


色が暗いものの方がより隠し易いです。


塗装修正があっても無くても、強度は同じです。


ボリュートはあってもなくても、ヘッドに角度がある場合は、倒した時は折れる率は高い。


 

 

同じ様な修理は重なるもので、この少し前に FALSETTOS の大黒さんのThunderbirdのネック折れを大急ぎでやったのを思い出しました。

ステージやリハーサルで倒して・・・と言うケースが多いので、皆さんお気をつけください。

 

 

 

ネック折れ修理(塗装修正あり)/ GRETSCH White Falcon


グレッチのホワイト・ファルコンのネック折れ修理。

塗装修正ありでのご依頼。


塗装はどれも難しいので、やりたくないのですが、最もやりたくないパターン。

ぴかぴかの真っ白で、少し焼けている。


接着後、整形する際に削ったり擦ったりする所と、しない所の色の差が出ます。

茶色いギターでも事は同じなのですが、白の場合は頑張っても時間のムダになる気がします。

大昔にやった時に、全く色が合わず馴染まなかったので、普段どおりの塗装は出来ないと端から思い込んでいます。

着色の段階でも、クリアーの段階でも、他の色であれば全く気が付かないような極細かい糸くずともいえないような埃でも目立ちます。

「今日はホワイトファルコンを吹く(塗装のスプレー)日だ。」と思うと朝起きた瞬間から憂鬱になります。


色と埃に気を使う事と、形にも気を使います。


手触りで気にならなくても、ほんの僅かでもよれていると光の加減で歪みが見えてしまいます。


画像では真っ白ですが、ほんの僅か、黄色や赤や黒等で焼け色を混ぜてあります。


伝わりませんが・・・

プレートの下が焼けていないので、写真を撮っておくべきでした。

ロッドカバー周りは着色しています。

今回も何とか乗り越えました。

そして、次から、次へと、まだまだ続く・・・

 

ネック折れ修理 / ヤマハAPX

これは何をやっているのかと言いますと、ギターを台にかけてネックの折れた所をクランプをかけて広げたかったが、折れてしまったところです。

じゃ何故、クランプをかけるかと言いますと、直接手を使って広げようとすると、過度に力が加わりすぎて折れてしまうからです。

がしかし、クランプをかけて広がる前に折れてしまいました。

では何故広げたいかと言いますと、割れ部分にオーナーが付けた接着剤を取り除きたかった、と言うわけです。

白っぽく写っているのが接着剤です。

接着剤は取り易くなりましたが・・・


塗装修正は無し。

当方のネック折れ修理は補強の要らない接着です。


ですので、今後またアクシデントがあった場合、折れた所には接着剤は付いていません。


頻繁にライブなどで使う方は、「また、やっちゃいました!」と再度来られる事はありますが、補強が無い事で面倒な折れ方にはなりません。

タイトボンドで修理した場合は、補強が無ければ強度は足りませんので、その場合修理コストが上がり、今後同じ事があった場合、面倒な折れ方になるケースがあります。

当方の修理例で補強が施されている修理例がありません。

補強なしで不安な方もいるかと思います。

過去どれだけ修理したか分かりませんが、再発は現在のところありません。

 

特にネック折れ修理は、修理者の考えが反映する仕事です。

大昔に読んだ本に、折れたギターのネックを科学的な接着剤(なんと書いてあったか覚えていませんが・・・)で接着してしまうのは、”かわいそう”、”ギターの呼吸を止めてしまう”と書いてあったのを覚えています。

これはこれで、正しいのだと思います。

当方の修理と”かわいそうじゃない修理”の音を比べて聞き分ける人は、そういないと思いますし、そんな機会もありませんので、どちらが好きかと言う事に尽きると思います。

理屈から言えば、修理前後の質量の差が少ない、当方の修理が音の変化は少ない。

 

ネック折れ修理(塗装修正なし) / Gibson LP

Gibson のネック折れですが、今回は破片も大分無くなって、塗膜も薄いつや消しのトップコートです。

塗装修正無しでも割ときれいに仕上がる場合もあります(過去の修理実績にいくつか。)が、これは塗膜が薄いので塗装修正無しでは仕上がりが大分痛々しくなります。


無くなってしまっている部分は、専用のパテで埋めます。


無い部分は埋めて、感触に違和感が無いように調整します。


表面だけは簡単に着色。


こちら側は簡単にやろうとすると返って、かっこ悪くなってしまいますので、予定通り塗装なし。


塗装なしですが、うっすら色を付けて、若干汚した感じにして完了。


見た目は悪いですが、通常使用では全く問題なしです。


ケースに入っていても、倒れると折れますので、皆さん気をつけましょう!

 

ネックひどい折れ修理 / Bluebell W-1500

本年最後の更新は、やはりネック折れでした。

ポッキっと折れています、まるでお菓子のよう。

こんな折れ方をしてしまうのは、材料が多少弱いこともありますが、(前回のモーリスもそうですが、よい折れ方しないです。)もうひとつはこのギターのアジャストロッドのナットの位置と大きな空洞。

ナットの下がアジャストナットの位置、ややこしいですが・・・

当方は補強の要らない修理をしますが、さすがにこれは必要かと思い、見積もりもそれなりでしたが、実際始めてみると折れた木片同士がフィンガージョイントのようにかなりガッチリ組み合わさります。

いつもの接着剤で、接着がうまく行けば全く問題なく、仕上がりもきれいに出来ます。

接着の際は、いろいろ気をつけなくてはなりませんが、うまくいきました。

塗装も修正して完成です。割れの跡が見え難くするように多少濃い目に着色しました。

白いパーツがナットですが、その下に大きな穴がありそこにアジャストナットが仕込んであります。


元々つや消し仕上げのネックが使い込まれ艶が出ていた状態でしたので、50%位のつや消しで仕上げて、演奏していれば、擦れてそのうち自然な艶が出てくると思います。


古いギターを修理する場合は、あまりきれいになり過ぎないように仕上げる事が多いですが、この場合はオーナーに仕上げてもらいます。

本年も誠にありがとうございました。

また来年もよろしくお願いいたします。

 

 

ネック割れ / Morris Guitar


ネックが折れている、表現的には割れている、裂けていると言うような折れ方。


通常は大きな割れ1ヶ所と、多少の小さい割れが入るような割れ方ですが、これだけ割れてしまいますと、どこが割れたと言う見方が出来ません。


小さい割れも残さず接着します。

小さな割れが原因で、ぶつけてもいないのに亀裂が入ってしまったら困ります。


下地→着色→トップコートの順番ですが、トップコートはとても薄いので研ぐとすぐ剥がれます。


演奏中は見えないところなので、手触りに違和感が無ければ気にしないと言う方は多いです。


中学生の頃、私もこのギター欲しかったです。

お大事に!

 

ネック折れ修理 / 安いギター

直球で申し訳ないのですが、”安いギター”(←オーナーさんごめんね。)の修理もよく依頼があります。

ネック折れ修理は他店より安いようなので、割と頻繁にお受けしますが、大体同等の新しいギターが買える位の修理費ですから、一旦考えて見て頂きます。

ですが思い入れがあったり、可能な限り修理して使い倒す、という方の気持ち私も良ーく分かります。

修理してよい点は、勿論使い続けられると言う事ですが、基本調整(ネックアジャスト、ナット、サドル調整)もされて完了しますので、新品より弾き易くなったり、バランスが良くなったりします。

※ただしネック状態が悪くない条件です。ネックが悪い場合はネックの修理も必用になってしまいます。


 


 


 


 

なるべくきれいに仕上げる場合は、「塗装修正あり」ですが、こちらのように気にしない、安く上げたい方は「塗装修正無し」、で仕上げます。

仕上げる際に塗装が剥げます、と伝えてありましたが、「すごくきれいです。」と言って頂いて、女性のオーナーでしたのでちょっとこれは嫌かなと心配しましたが、良かったです。

私も個人的には、この感じもカッコよいと思っています。なんでしょうか、思いを隠してないと言うか、出しちゃってると言いますか、そういう迫力が伝わります。

ネック折れ修理(塗装修正なし) / Gibson Hummingbird

今回は、いつもとは少し違う趣で折れています。

塗装修正無しで仕上げます。

とても強い力で折られた様な感じに見えます。

破片が欠損しています。

Gbsonは割りと塗膜が厚めな物が多いので、割れ部分の段差を修正しても剥げずに済む事も多いです。

破片はオーナーが家で見つけて、送ってくれました。

三角に塗装が剥げている所。

破片部分の塗装がはげてしまいましたが、これでしたら塗装修正をした場合は、全く気にならなく仕上がると思います。

破片は使える事が多いので、あきらめず拾って持っていて下さい。

 

 

何度もネック折れ修理 / Gibson B-25

こちらのギター、何度もアクシデントに見舞われています。

前回当方で修理する前も,よそで修理しています。

同じ所から折れている様に見えますが、同じ所から折れた時は、このように接着剤がそこにありますので、こちらは前回修理部分の強度に問題ないことが分かります。


今回も塗装修正は無しで。


ロッドカバーは白い縁がありますが、拘らない方。


ピッタリ着いています。


ピッタリ付いています。

「つく」という字はどちらが正しいのですか?

何度でも直して、その度に迫力が増すギター。

オーナーは、ミディアムゲージで演奏する女性、ギターとのギャップが素敵です。

 

ネック折れ修理(塗装修正なし) / Gibson LP


修理依頼の多い、ネック折れです。

 


今回は塗装修正なしで仕上げます。


塗装修正なしの場合は、コストを抑えて納期を早めに出来ます。


但し接着後、段差の修正をする際に塗装が剥げてしまうまかも知れませんが、それはやってみなければわかりません。あしからず。


塗装修正無しですが、剥げませんでしたので、きれいに仕上がりました。


よく見ますと、割れていた筋上に白く跡が若干残りましたが、肉眼では然程目立たないと思います。


ホームページ上にバンジョーのネック折れ修理の例がありますが、あちらも塗装なしで、このように塗膜が厚ければ割ときれいに仕上がります。


正面は、折れておじぎをした際に付いた筋が残ります。


 

エレキはボディが重い分、倒れた際には折れてしまう確率が高いです。

アコースティックギターも同様、立て掛ける際には、気をつけて、ケースに入っていても安心ではありませんので、倒れない事の確認をして下さい。

それでも、アクシデントは付きもの。

その時は、皆川ギター工房にお任せ頂ければ、幸いです。

こちらの例のような通常のネック折れ修理は、補強無しで、同じ箇所は折れない修理をします。

当方修理で再度アクシデントのあった際、同じ部分が折れている様に見えた場合、ご確認下さい。

そこに修理の際の接着剤は、ほとんど付いていないはずです。