フレット交換

フレット交換

リフレット(フレット交換)の大まかな流れ

フレット交換01

STEP 01

フレットを抜いて指板を調整します
※マスキングに使うテープは粘着力を弱めてから使用

フレット交換02

STEP 02

新しいフレットを打ちます

フレット交換03

STEP 03

フレットの余分な部分を切ってフレットエッジとバインディングのラインを整えます

フレット交換04

STEP 04

すり合わせをしてきれいに仕上げます

フレット交換05

STEP 05

リフレットの場合基本的にナットも一緒に交換します

フレット交換06

 

フレット交換07

STEP 06

新しい弦を張ってナットの微調整をしてサドルを調整してだいたい出来上がりです

フレット交換08

STEP 07

指板の幅を目いっぱい使いたい人はフレットのエッジをあまり落とさずに立てる感じで仕上げます

フレット交換09

STEP 08

フレットのエッジが手に当たる感じが嫌な人はエッジを斜めに落として仕上げます ※分かりづらいですがこれはエッジが立っている方です

Refret(フレット交換)の作業の流れは、だいたいこんな感じです。

リフレット、フレット修理ページはこちら
http://ameblo.jp/m-guitars/entry-11407414822.html

フレット交換はアコースティックギター・エレキギターともに承っております。

フレットの減り・磨耗が気になったらフレット交換がおすすめです。皆川ギター工房では、フレット交換(リフレット) を承っております。アコースティックギターはもちろん、エレキギターも対応いたしますのでご相談ください。工房は東京都足立区にございますが、遠方のお客様には宅配でご依頼も承っております。修理料金や加工価格などのお問い合わせはお気軽にご連絡下さい。

アコースティックギター修理やメンテナンス調整のことなら東京の皆川ギター工房にお任せください。お見積もりはお気軽にお問い合わせを。

プレイ中のビビリが気になったら…フレット交換でスッキリ解決!

「ネックの反りも無いのに演奏していると音がビリ付く」という方は、フレットの磨耗が原因かもしれません。フレットが弦に合わせて凹んでいる場合や薄くなってしまっている場合は、フレット交換をしましょう。東京都内にある皆川ギター工房では、アコースティックギター・エレキギターのフレット交換を承っております。お客様のプレイスタイルに合わせてフレットを調整していきますので、どんなことでもご相談ください。フレット交換などの修理料金は材料費込みの価格でご案内しております。予算のご相談も承りますので、ぜひ一度ご連絡ください。