ブリッジ

ブリッジはがれ / 高くないギター

1ブリッジアロン

割と低コストで作られたギターの場合、このようにアロンアルファ的な接着剤で、クルクルと塗って貼り付けてあるものが多いです。

ですので、隙間が出来初めてから、剥がれる時は一気にはがれてしまう場合があります。

2ブリッジアロン

アロンアルファ的な接着剤でも、全面にしっかり塗ってあればよいと思うのですが、ただその場合修理になった時は、面倒になる事が予想されますし、はみ出したこの接着剤は拭き取れないので、現実的にこの塗り方になるのだと思います。

 

ブリッジアロン3

こちらのギターも決して悪いギターではなく、良いギターですが、低コストであるか否かはメーカーによりまちまちです、メーカーによっては~10万円位まで、メーカーによっては~15万円前後位まで、の印象です。

 

 
逆に低コストであってもしっかり貼ってあるブリッジもありますので、そこはメーカーによります、全てがこれと言うわけではありません。悪しからず、ご了承ください。
接着剤が何を使われているかは、剥がさないと分かりませんが、こちらの場合は単純に接着剤が弱って剥がれるケースが多いので、隙間が出来たら、急に剥がれてビックリしないように早目の修理が良いかもしれません。

 

ブリッジ修理 /Martin oo-18v

00-18v1

ブリッジを慎重に剥がして貼り直します。

00-18v2

剥がす前に撮れば良かったのですが、ブリッジは反りながら、はがれていきます。

00-18v3

底面を削って平らにします。

00-18v4

左の画像では、反っている部分が浮いているのが分かります。

00-18v5

左下側は反りが強く、このままでは削りすぎてしまうので、エボニーの粉を足して調整します。

00-18v6

色が違う部分が足した所です。

00-18v8

ボディ側も調整します。

00-18v9

修理者によると思いますが、反っている上側は無駄に削らず、そのままです。

ピックアップ取り付け予定につき、現状の溝は使えない為、一旦埋めます。

00-18v10

このピックアップとサドルが入る溝は、精度が悪い場合、いくらサドルの精度を上げても、出音のバランスが取れ無い為、このように直します。

 

こちらのギターは、ブリッジの修理、ネックのリセット、ピックアップの取り付けとつづきます。

ブリッジ交換 / ウクレレ

ウクレレブリッジ1

1弦が抜けてしまうので、修理ではなく、今後弦が抜けてしまわないようにギターのブリッジのデザインで作り直してください、と言うリクエストでした。

ウクレレブリッジ2

ブリッジのサイズは元のサイズと同じで。

ウクレレブリッジ3

ショートサドルで強度も増しました。