修理実績

指板修正(リフレット)/ 手工品(D-45コピー)

D-45 を模した手工ギターです。

フレット抜いて、指板を修正します。

想像するに、調整しないでそのままフレットを打っちゃったという感じだと思うのですが…

指板の雰囲気としては、なしてこんなに歪んだ?という感じ。

 

フレットのすり合わせをする機械というのがあるらしいのですが、とりあえずそれでやってみてもらったようですが、問題解決にならなかったようです。

物事には各々の基準や物差しが違いますので、判断が異なるのは仕方ないと思います。

当方であれば、この状態でフレットのすり合わせという選択は無いのですが、この状態でビリつかない様にすり合わせをするのであれば、ポジションによってはフレットがぺったんこになるような調整になったはずだと思います。

 

 

 


 


 

ご依頼人のお話によれば、「この先はネックリセットが必要なので、アコースティック専門の修理屋で、」と言う事で、プランの流れが良くわかりませんが、当方をお勧め頂いたようで嬉しかったですけど、こちらのギターは当方の見積もりではネックリセットの必要はありませんので、ショップによって判断基準の違いを改めて痛く感じた仕事でした。

ですので、逆にうちで納得いかなかった人が他所で見てもらったら「こんな事したの?」なんてことが無いとも限りません。

判断基準が違うのですから、当方を信頼して頂くお客様には本当に感謝いたします。

 

弦高も下げられて弾き易く、サドルもこの位あれば十分です。

指板のアールはMartinよりフラット。

さだまさしさんのこういうギターありませんでしたっけ。

 

さださんで 一つ思いだした話があります。

私(葛飾区出身)が中学生の時、中川中学から転任して来た、理科の中島先生が授業中に話していたこと。

「彼(さだ君)はね、授業中一切ノートは取らないけど、全部、記憶している。集中力がすごい。」

「キミ達もそうしなさい。」位の勢いで話されていましたが、無理です。

ただただ、ノートを書かない子になるだけです。

バイオリン以外の事はやらなかったという、さださんの天才っぷりがほんとによくわかったお話でした。

 

 

Martin OOO-21 / ブリッジ交換、ネックリセット

ブリッジがちょっと薄いのでネックリセットにつき、ブリッジの厚みを戻します。

年代的にはロングサドルですが、ショートサドルで作り直し。

ハカランダの在庫は、まだ少しあります。


ブリッジが出来ましたので、ネックリセットします。


後ろが剥がしたブリッジ。

交換せずとも個人的には十分と思いますが、色々拘りがあります。


通常のネックリセットより多少高いサドルです。

 


 


 


 

リフレットして、ピックアップを付けます。

完全にご自身が使いやすい、好みの状態を想像しての修理依頼、という感じです。

個人的好みではサドルは高く出ていない方がカッコよく思っていますので、通常はもうちょっと低くなる様に角度を直すのですが、サドル高目がよろしければ言って頂いて全然かまいません。

但し、たまに見る現行品ですごくサドルが出てる、イヤミの出っ歯(アニメおそ松くん)みたいなのは勘弁してください。

そのリクエストは、他の修理屋さんでお願いいたします。

修理画像を過去にどこかで見た記憶がありますので、やって頂ける所があるはずです。

 


 


 


 

今回はサドルが高目になるように狙って調整しましたが、最終的に弦を張って調整してどちらに転んでも良いようにネック角度を直しますので、結果いつもより高目なサドルになる場合もあります。

 

 

ネック折れ修理(塗装修正あり) / Gibson ES-335


 


 


 

割れの跡は、大なり小なり残るのですが、いずれにしても跡は目立たない方が良いのは言わずもがなであります。

割れの跡は多少でも目立たない様に、でも、出来るだけ自然な色合いに、といつも着色の際に迷います。

今回はこの位。


 


 


 

いつも一番良い位の濃さ(着色)でやれば良いんでないか、とお思いでしょうが、毎回丁度良さが分からず着色しながら、「ここまで!」とか「ん・・・もちょっと・・」

とか言いながらやります。

ナチュラルの場合は、どうにもなりませんので予め、色を付けるか否か相談いたします。

 

 

 

 

フレット交換 / Gibson LP jr.


 

こちらのギターは、依頼人様のご友人の形見。

ご自身は左利きでこれから、このギターで練習する予定。

フレットを交換して、左用に直したいとの事でしたが。

今後転売する事は無いにしろ、今となっては非常に貴重なギターですので、これから練習するのであれば、右用のこのままで練習されてはいかかですか、と言う流れでリフレットのみのお預かりとなりました。

特にこのTVカラーは昔からサンバーストより高価でしたので、このまま残して頂ければ幸いです。

 

 

私が持っていた57年のサンバーストのjr.は、委託で17万円で売りに出しましたら、お店の方々に「皆ちゃん、高いよ。」と言われたのが、今から33~4年前。

スタンダードは昔から古い物は高かったのですが、いつの頃からかレスポールと名前が付けば昔では考えられないような値段がついています。

 

 

 


オールドギターの指板調整は出来る限り最小限に、もしくはやらずに。


オールドギターのナットは、交換せずに残す場合もあります。


その場合は高さが足りなくなりますので、底上げします。


目立たない様に出来れば良いですが、線が見えます。

画像だと余計に目立ち


フレットのエッヂは斜めにし過ぎず立てて仕上げます。


オールドの場合、ナットの1弦、6弦の溝がエッヂに近めなことが多い為、尚の事フレットのエッヂは立てて弦が落ちない様に。


リクエストがあれば、エッヂは斜めに落としますが、基本この形です。


エッヂを立てて仕上げますと処理が面倒ですが、この方がカッコよいと思っています。


どこを見てもカッコよい。


どこ見たってカッチョイイ。


いいですな~。

 

 

ネックリセット / Epiphone Texan FT-79 (山口君のページ)

皆川ギター工房スタッフの山口です。今回のギターは1966年〜1969年製と思われるエピフォンのテキサン FT-79のネックリセットです。ナローネック+ハカランダサドル。当時はもうすでにGibson傘下ですので、ミシガン州のカラマズー工場で製作されたギターです。Gibson同様、基本的にヒールが太く、木工精度も高いのでスムーズにネックが外れると本当にホッとします。ちなみに画像はもうネックを外したところ。なんかネックブロックに数字がスタンプされていますね。

 


 

ネックの角度がいい具合に決まり、いよいよネックを着けるぞ、というところでパシャリ。接着後のフレットすり合わせや弦を張った時の雰囲気など、様々な要素を想像して角度を決めます。その後さらに師匠に見てもらいGOサインを貰ってから接着です。


 

写真が少なくてすいません。最後はフレットのすり合わせをして完了です。かっこいいですね〜!セクシーで綺麗な赤色です。僕は60年代のJ-45が大好きなのですが、60年代のTexanの方がなんか「通」っぽい感じがします。ロングスケールなのもいいですね!欲しい!!

、、けどこの後無事にSHOPに納品されました( ;∀;)/

 

フレット交換 / Ovation 1768

私(皆川)の方のブログは、続いてもOvation のフレット交換です。

前回のは、カスタムレジェンドと言うモデル、4桁のモデルナンバーの最後に9が付いたモデル。

 

こちらは、エリートという機種名が付いたモデル。

4桁のモデル番号の最後が8です。

こちらの方がリフレットは面倒です。

 

 

このギターは黒なので、1768-5となります。

以前にOvation のカラーナンバーの事をどこかのブログの記事で書いた記憶がありますので、記事を探してみました。

Ovation 1881-NBBG ←ここに書いてあります。

 

モデル番号に関しては、ややこしすぎて説明が不可能です。

 


ここの部分フレット打ちがとても難しくて処理も面倒なのです。


他の部分は、通常のギターと同じ作業。


ナット交換も同じ。


エポーレットの色が退色してる感じがカッコよいです。

 

ネックリセット/Martin D-18(山口君のページ)

初めまして、山口と申します。僕はお得意先のギターショップの在庫の修理が主なのでほとんどが自分のお小遣いじゃ買えないような価格のギター修理です。


記念すべき初ブログは1970年代のMartinD-18。今回の修理内容はネックリセットとブリッジの作成交換です。

 


指板をトップから剥がしてからダブテイルジョイントを温めます。僕が弟子入りした当初は師匠もプシュープシューと蒸気で温めてネックを外すと言う方法でやっていまして、初めて見た時は熱い蒸気を絶えず拭きながらネックと格闘している感じがすごく職人ぽくてかっこよかったです。

しかし修理において修理風景のカッコ良さが優先される訳ではありませんので2年ほど前からより効率的なヒートスティックに転換されました。Martinは良くも悪くも素直にネックが外れてくれます♪

 


 

ネックの角度を調整する前にブリッジを作成します。

基本的に指標となるブリッジがないとネックの角度調整ができませんので。

右が薄く削られてしまった元々のオリジナルのブリッジ。

左はアメリカから取り寄せられるマーチン風の既製品のブリッジ。

真ん中は僕の作成途中の新ブリッジです。0.1mm単位で師匠に相談しながらディティールの調整をしていきます。

 


ちょっと飛んで、ネックが接着されました。外した時の温める用の穴の穴埋めです。木目をある程度合わせないと「リセットしました!」と言っているような15フレットになってしまいますので、やはりエボニーよりもD -18のようなローズ指板の方が難しいです。

 


ブリッジのディティールもサドルの高さもいい感じに仕上がったのではないでしょうか。(師匠がOK出してるので多分そのはず。)


いいギターだね~!何年製でしょ。(皆川)

すいません忘れてしまいました汗(山口)

 

そうですか。

画像ではもっと古い物と思って見てました。

 

新しいページを作ってみようと思います。


 

題して、「山口君のページ」

こちら、スタッフブログと言いつつ私しか書いて無いのが実情。

この写真の手の人。

4年間位、週二(火、金)でうちで頑張ってる、山口君。

もうそろそろ、まあまあいい歳。

この人もやった仕事は画像に残しておりまして、担当は主にギターショップの在庫等。

もうちょっと言ってしまえば、お茶の水の某オールド専門店の在庫。

このお店からいつもいいギターを預かっているのに、私のブログのネタにならずにそのままになっているのは勿体ない。

この人にも書いてもらおうかとも思ったのですが、預かったデータを見れば無駄な画像が多すぎ、完了形の画像が無いやつ、時系列分かり難い、等々・・・サイト内のデータが私のとごちゃ混ぜになると、こりゃ面倒だな~、どーしよっかな~・・・考えました。

 

 

こうします。

預かったデータを私が管理して選んで画像だけ並べます、そしてとちょっとだけなんか字を書く時もある。

それを後日、山口君にテキスト(文字)を付けてもらう。

なので、先に画像のみアップしちゃおうかと思っています。

こんな感じで山口君のページを初めてみようかなと思っています。

 

 

 

リフレット / Ovation 1769

Ovation のフレット交換です。

保証書の字がみえませんが、撮ってある事は当時私が付けた保証書なんだと思います。

修理カードは先輩の修理内容の文字

 

当方で昔Ovationの代理店で10年程修理をやっていた事を知ってもらえるようになって、最近Ovationの修理が増えてきているのですが、気に入って使い続けている人が沢山いるのだと実感しております。

ただ、電気周りの修理が直ったり直らなかったり、欲しいパーツも入手出来ず、ままならないのが心苦しい所であります。

 


 


 


 


口輪はずっと無いまま使っているそうです。

 

ネックリセット / Gibson ES-175

175のネックリセットです。

アコギほど数はやっておりませんが経験上これもダブテールジョイントだと、思い込んで初めてしまいました。

作業中違和感が無かったと言えば、「違うかも…」と感じてはいましたが基本的には温めて外していくしかありませんので、がんばって外すしか無いのです。

 

 


ネックリセットが出来ましたら、リフレット。

(指板修正、フレット交換、ナット交換、)

ナット交換は新しい第1フレットに合わせて作り直します。


リフレットする目的は、フレットを新しくする為、または指板を修正する為、もしくは両方。

 


エクステンションが付いたネックは、私が慣れない為か、それの無いネックと比較すると格段に面倒であります。

 


アコギのサドルが出過ぎているのがあまり好きでは無いのと同じで、ブリッジのポストに余計な余裕があり過ぎるのもカッコよく見えないのです。


数え切れないネックリセットをやってますが、中子ジョイントのネックのリセットは初めてでございました。


苦労が見て取れますので見られたくは無いのですが、密着させる部分に妥協が無いように、きつくジョイントされるように、弦が指板上バランス良くなるように。


ネックリセットで大事な部分は、抜かりなく完了でございます。