ピックアップ

ピックアップ取り付け / Fishman


前回のトリプル・オーにピックアップを付けます。

過去記事で紹介している様に、ピックアップを仕込む溝が歪んでいたりすれば一旦埋めて切り直します。


配線取り回しは、ギターの中で音を立てないように、見た目もなるべくきれいに。


ギターを振って、カサカサ、パタパタ音等を楽しむ人はいませんので、余計な音は出ないに越した事はありません。


フィッシュマンのP.Uのコードは真下に出ていますので、穴も垂直に空け、コードも真下に出します。

そして、真下で留めますが、コードは張り詰めないように。

 

フィッシュマンP.Uのコードの付け根の部分、(赤っぽい本体と黒いコードの接点)は非常に弱くて扱いが荒いと断線し易いので、コードを穴に通す際、また逆に抜く際、手をギターの中に入れて作業する際、コードに指が掛かって引っ張ってしまわない様に気をつけて作業します。

中古のP.Uを流用して付け直すのはちょっとやり辛いと最近書きましたが、フィッシュマンの場合はこの部分がやられている事があるので、付け直した後にノイズが出てしまう事があります。

 

 

フィッシュマンは音も好きですが、このジャックキャップも大概、きれいに面位置になるので好いですね。

ネックリセット&P.U取り付けでした。

 

ピックアップ取り付け / Highlander


 

最近はめっきり、付ける人がいなくなった、ハイランダー、昔は良いピックアップ代表と言う感じで流行りましたが。

現在ではもっと安くて、パフォーマンスがよいものがいくつもありますし、ハイランダーは取り付けが面倒なイメージ+バランス出しが非常に難しかったイメージがあるから他社に抜かれたのかな。

今回は、このクセの付いた中古をつけたいです。と言うんですから、いやんなっちゃいます。


 

この曲がった部分にピタッと合うように穴を開けなければなりません。(穴は斜めに開けます。)

そして何より面倒くさいのが、このピックアップは丸い棒状なので、溝もU字溝に削れと言うのです。その溝を精度良く掘るのが面倒。掘る事ではなく、掘るまでの準備が面倒。

昔は面倒な思いしながらやりましたが、現在ではやってないです、他のピックアップも同じで拘るポイントの精度がビシッと出れば、出音のバランスもバッキッと出るのです。

 


 

と、言うのは簡単なのですが、納得いく出音になるまで、いつも苦労いたします。

 


 

そしてここも他社と違う部分で、ジャック一体型プリアンプの筒状のケースをねじ込みながらセットする為、同じピッチで穴を開けなければなりません。


 

そうすると、そのまま固定できるのです。

これの良い所は、緩まない所。

他社のナットで固定するジャックは、緩んだ場合、内側もしっかり留まっていないと、ナットをいくら締めても固定できず、知らない人は、いくらでも締めていきますから、中でコードがねじれて、最悪切れてしまいます。

ですので通常は、緩まないように気をつけなければなりません。


 

この部分(内側)はわざわざ見る人はいませんが、気持ち悪いので、コードがよじれないようにします。

 


 

コードは中で音を立てない様にとめます。


 

もう一箇所、留めたいところですが、ギターを振って音が出なければ、この方が電池を出しやすいです。


 

反対側に別のピックアップを付けるためのジャックがあります。

 

精度の良い溝である事は当然の上、サドルの調整が難しいのです。

 

 

30年近く使っている、シンワのノギスしか持っていないので、この時だけデジタルノギスが欲しい気持もあり、逆にあっても仕方ない気持もあり。

 

弦アース / Gibson J-160E

こちらのギターを買った時から、弦を張り替える時には、1弦のボールエンドに繋がっているコードがあったので、面倒だったけど毎回同じ様に弦を張り替えていました。

なんだけど、最近ノイズが増えちゃって・・・

と言う事で、見てみたところその先がどこにも繋がっていませんでした、取れちゃってます。

J-160EにはP-90(ピックアップ)が付いていて、これのノイズが酷いので、弦アースを取らなければなりません、現行品のモデルでは弦アースは取られていますが、古いモデルにはありません。

弦を毎回取り替える度の面倒も解消したいと言うことですので、以前からやっている方法で弦アースを取ります。

どの弦のボールエンドもブリッジプレートで銅に当たるように貼り付けて、コードはハンダ付けします。

ジャックに付けてみましたが、もう少しコードが短くても良かったかな。

普段、電気仕事をやっていないのが、わかってしまいます。

 

 

Ovation Pickup +LR Baggs

オリジナルのプリアンプを諦めて、オベイションのステレオピックアップをモノラルに改造してLR Baggsのプリアンプにつなげます。

2本とも切ってしまう必要はないのですが、両方とも切れそうでしたので、一旦両方切っちゃいます。

LRバグスのプリアンプにはLRバグスのPUが勿論良いのですが、オベイション(特にアダマスですし)のルックスにはオベイションのPUがカッコよいです。

但しこのPUは、この時代から現代においても、完璧(音の好みは分かれますが・・・)と言って良いくらいの作りですから、この時代のパワーの無いプリアンプでバランスがよいのかもしれません。

パワーがある分には越した事ありませんが、他社のプリアンプにした場合、使い始めはビックリするかと思います。

Ovationの古いプリアンプは、過去に2度、現在の代理店で探してもらっても無かったので、このような方法も選択肢の一つになると思います。

私が中尾貿易で仕事をしていた頃を思い出しますと、プリアンプも含めてパーツ類が一般で入手可能なものと比べると非常に高価と言う事もあり、使用重視であればプリアンプの耐久性やコスト面でも良いかと思います。


エンドピンジャックはエンドピンの位置が落ち着きます。


オベPUとLRバグスのツーショット。


旧ジャックはダミー。


オベイションはエンドブロックが有りませんので、エンドピンジャックが取り付けられるようにブロックをつけます。


Voコントロールはサウンドホールへ。


旧Vo&Toneもダミー。

ジャックもコントロールもダミーとして残してもらえれば、埋める手間がありませんので、その分安く出来ます。

 

ネックリセット、P.U取り付け / Taylor

Taylor のネックリセットは、いつもやる度に思います、アコギのボルトオンネックでは、いろいろな意味で1番出来が良いです。(個人的見解)

ヒール下に入っているシムで角度を決めます、ヤマテクさんにおじゃました際に厚み等が異なったシムが、いろいろと沢山あるのを見ましたが、そのたびに買っていられないし、揃えていっぱい持ってもいられないので、その度に合わせて作ります。

チラッと見えますが、どこにも使い様が無い、ピンクに染めちゃってあるマホガニーの板も使ってみました。

昔から、弦は緩める、緩めない問題はありますが、どのメーカーに関わらず、弦は緩めましょう、何巻き、何音、と言うより、緩んだと思えるところまで緩めましょう。

このようにテイラーの場合、ネックリセットは技術的に難しいことはあまりありませんが、基本アコースティックの弦楽器の構造である以上、弦は緩めましょう。

 

そして、このギターにエンドピンジャックのピックアップを付けたいのですが、エンドブロックが薄っぺらなので厚みをつけて、エンドピンジャックを仕込みます。


ジャックが付けばよいので、これくらいの大きさで、厚みだけ計算します。


クランプが出来ませんので、弦で引っ張って貼り付けます。


ジャックがしっかり固定出来ました。

このエンドピンジャックは、プラグを抜き差ししているうちに、緩み易いので、簡単に回ってしまわないように、しっかり固定して下さい。

中でしっかり食い付いていないと、外からいくら締めても、中でコードがねじねじなっちゃって、最後にはねじ切れちゃいますから、気をつけてくださいね。

 

プリアンプ交換Ovation1617-1 / Fishman


 

Ovation に Fishman  Ellipse Matrix Blend をつけました。

マトリックスブレンドですが、ピックアップはそのままオベイションの付いているものを流用しました。

その方が見た目も自然ですし、手間も省けます。

古いOvationの電気周りのパーツ(その他のパーツも)の在庫がなくなり修理、交換がほぼ出来無くなってきています。

神田商会へパーツの問い合わせをしても詳しい人がいらっしゃらないので、修理扱いで本体ごと預けて、実物を見ながら探して、数日後パーツが有りませんので、修理不可です。となります。

この面倒なやり取りを過去2~3度やっていますので、お客さんと協議やり取りの結果、チョイスしたのがFishman。

コンデンサーマイクは、使う際によい位置に合わせていただきます。

 


 

↑ サウンドホールに取り付けるプリアンプは、オーソドックスなギターであれば大体そのまま付くのですが、Ovationの場合、安定して付く場所が無いため多少工夫しなければなりません。

クランプの反対側にある同じこの薄い力木が邪魔でプリアンプが付かないのですが、取っちゃう訳にもいかないので、同じ高さになるように板を足します。

クランプで平らに、同じ高さの板を、付けたらサンドペーパーを掛けてちゃんと平らにします。

 

ジャックは、エンドブロックに取り付ける為の形状となっていますので、エンドブロックがあれば、ボディエンド部のピンの位置へ取り付けたい所ですが、ブロックがありませんので、元のジャックの穴を生かします。

ジャックの形状上、強度や安定性を重視してブロックを取り付けて固定。

元々のプリアンプの位置は、ネックヒールの横、そしてバッテリーボックスの取り付けボタンがボディのくびれ部分にあり、そこは同じような雰囲気で塞いであります。

新しいプリアンプで心配なく、使って頂けることと思います。

 

LR Baggs Anthem取り付け


 

人気のLR Baggs Anthem 

発売らい結構経つと思いますが未だに、ご依頼が大変多い機種です。

すぐには思い出せませんが、ギターによっては素直に付けられないモデルのギターもあって、それでも何本か取り付けたものもありました。

こちらはヤマハですので、問題なくつきます。

溝はちょっとでも怪しければ、一旦埋めて切り直します。

これをしなければ、いくらサドルの精度を出しても、出音に反映されない事があります。

Anthemのもうひとつのピックアップ、Tru-Mic。

撮り忘れてしまったので、別のギターですが・・・ブリッジプレートにつきます。

 

分かり辛いので、カタログです、中はこんな感じです。

ピックアップの好みはそれぞれですので、どれが良いとはあまり言わないようにしていますが、Anthem は人気です。

 

ピックアップ、プリアンプ交換 / Fishman

これは何をやっているかと言いますと、一旦溝を埋めて精度の良い溝を切り

直す準備をしています。

ピンの穴の間の亀裂に、すでに接着剤が入っています。

 

平らにしたら、トリマで溝を切り直します。

ピックアップが入る溝は精度が良くなければ、音圧のあるバランスが取れた出音に調整する事は出来ないのです。

比較すると分かりますが、割れている分、溝が前に歪んでいます。

切り直した後。

底面の精度は言うまでも無く大事ですが、溝の幅の精度も非常に重要です。

Fishmanのピックアップは、扱いが悪いと断線し易くノイズ等の原因となります。

Fishmanのピックアップ(板状のハードタイプ)は、ほんとにやさしく扱わないとダメなの。

プリアンプも何らかの原因で故障しています。

以前は外注に出して、修理不可、そしてプリアンプは高価でしたが、最近はFishmanのプリアンプは安く入手出来るようになりました。

外国から来ますので、いつまで入手出来るか分かりませんが・・・。

サイズが違うので、合わせます、大きくなります。

 


チューナーも付いて、性能アップ。


溝は正しく出来ていますので、後はサドルの調整でバランスのよい音を目指します。

弦交換等してサドルが外れても、バランスが崩れない調整をしなければなりません。

30年間、ピエゾと向き合って来ましたので、調整のノウハウは引き出しに、いろいろ入っていますが・・・→


インブリッジのピックアップ(ピエゾ)のバランス調整は、「後ちょっとだけ6弦が強く出ると良いんだけどなー。」等々、中々決まらず、日を改めて作業したり、とても難しくなることも未だにあります。

 

Framus / ピックアップ取り付け


このギターに合うピックアップをとの事でしたが、力木とブリッジの構造上これしか無いのでは。

ボディ内に貼り付けるタイプは他のブランドも沢山有りますが、L.R Baggsが 一番良い気がします。


ピックアップからコードが真下に出ていますので、下でコードを留めます。

 


ジャックの頭は、キャップの面位置以上にしたのですが、L.R Baggs、 もうちょっとだけ長いと良いのですが、エンドブロックによっては全然足りない時が有ります。

ナットもキャップも簡単に緩まないように締め付けます。


 

このタイプのブリッジのピックアップもある事は有りますが、この雰囲気ではなくなってしまうので、雰囲気優先。

このサドルは、指板にアールが付いているのにクラシックギターのように真っ平らでしたので、板を足して指板に合うアールをつけて調整。

 

ピックアップ取り付け / L.R Baggs Lyric

lyric1

こちらは、L.R Baggs Lyric と言うボディの中に貼り付けるタイプのP.Uです。

Anthem のアンダーサドル(Element)ではない方のP.Uで、i Beam から代わったP.Uです。

lyric2

取り付ける位置は、i Beamと同じ位置。

アンダーサドルタイプと音を比較するとすれば、こちらはマイルドな感じです。

両方ミックスできるのが、Anthem

lyric3

コントロールの位置も他のタイプと同じ位置。

 

lyric4

ジャックはキャップの面位置まで出したいのですが、エンドブロックが厚い場合は、出来るだけ出せる位置で、無理に出そうとすると中で完全にロックがされず緩み易くなります。

40年代Gibsonのようにブロックが厚すぎる場合は、ブロックを加工して取り付けます。

 

L.R Baggs Lyric ←のサイトへ

ピックアップ選びは本当に難しくて、安いものではないので、気に入らなくてもすぐに次という訳にも行きずらく、お勧めされても印象や使い勝手はそれぞれ違いますので、自分のギターに付けてみないと分からないと言う所が皆さん共通ではないでしょうか。