指板(フィンガーボード)

ネック反り修理(指板貼り直し) / Martin D-28s


 

このMartin のようにアジャストロッドでは無かったり、アジャストロッドが一杯まで締めきってしまっている場合、反りを直す方法は2~3ありますが、その方法の良し悪しはオーナーの意向に副うのか否かです。

先ず、何も考えず使っている人が多いのはアイロン(ネックヒーター)。これだけに頼っていてはネック修理の50%以上は不可能になってしまいます。

アイロンは効果がある無しが、メーカーによって差が出てしまうので、アイロンを使ってのネック反り矯正は勧めません、先ずアイロンによる効果がどの程度のものか説明が必要です。

長年やってきて不思議に思うところが、どの接着剤を使ったもの、どの年代のどの工場のも、等で差が出るものではなく、メーカーによって差が出るような気がします。ただこれは断言出来ませんが、「やはりそうだ。」と思う事が多いと言う事です。

Martin の場合は、イメージ通りには行かない事が多く、上手くいったはずの物も後に戻ってしまっている物もいくつか見て来ているので、私の中ではMartinはアイロンが効かない事になっています。

ただしオーナー次第では、無理くり何度もアイロンをかけてとりあえず何とかやってみて、その後ダメならその時考える。という方もいなくはありません。

次が、指板(フィンガーボード)を修正して(削って)反りを無くす方法です。

この方法はとても確実で作業内容はリフレットですので、修理後の演奏性も良いです。

ただし、程度によっては修正部分がかなり削られてしまう事になるので、その点は注意が必要です。

近年、指板やフレットを削る(調整、修正)作業において”ネックジグ”と言う、この作業に便利なアタッチメントを使う人が増えています。

これは良い道具なので、あるに越した事はありませんが、ただしこれだけに頼ったら、失敗(失敗か否かはその人による)してしまうケースも考えられます。

完璧な状態を求めたいが為の道具なので、完成形に至る以前の状況でなら全てこれを使いたと思います。

もちろん修理する上でもこれが有効な場面はありますが、何でもこれを使ってやる人はどのケースにおいても削りすぎている意識はないでしょう、古い楽器の材料は貴重なので削り過ぎず直せれば「モアベターよ。」と言う事です。

もうひとつは、画像にあるように指板を貼り直して修正するやり方です。

アイロンで期待する効果を実際に手を加えて、欲しい状態を確実に作り出す作業です。

アイロンでは1度暖められた接着剤が冷えて再度硬化する事と比較すると、貼り直す場合は強度も期待できます。

ただし一旦剥がしてしまった指板は歪みますので、貼り直した際は両サイド、指板面も修正して、新しいフレット打ちます。

修理の費用と納期は紹介した順番に大きくなります、どの方法がベストなのかは、見積もり後の検討で最終的にオーナーが決めます。

 


古いギターは古いなりの雰囲気に仕上げます。


1番大事なのは、感触。


弾きやすさ。


良いものは直しながら使うもの。

このギターの修理を3回続けて見ていただきましたが、ここまでやるには、修理費用がどれくらい掛かったのか気になる方も居ると思います。

このギターはこの他にも力木(ブレーシング)の剥がれも修理しています。

気になる方はメールにて問い合わせ頂ければ、そういった質問にも回答差し上げます。

 

指板(フィンガーボード)のアールについて

リフレット(フレット交換)なので、この指板(フィンガーボード)のアールをどうにかしなければなりません。Fenderみたいだ。

ネックの状態をある程度判断する為にバインディング(指板サイド)のラインを見ますが、おそらくそれだけを気にするばかりに、サイドばかり削り落としてしまったのかと想像します。

何故このアールでは厳しいかと言いますと、チューンオーマチックブリッジの場合、フェンダーのブリッジのように各弦ごとに高さを調整出来ないので、バランスが取れません。

しかも下の画像でも分かるように、経年劣化によってブリッジが潰れてますので、尚バランスが反対です。


7.25はこのアールを測るスケールの中で1番深いアール。

1弦と6弦の弦高が丁度よくても他は低すぎて音が詰まります。


古いブリッジは潰れていますので、力を掛けてある程度戻しますが、ある程度しか戻せません。


これをやって割れる事もありますので、やり過ぎない事ですが、あまりお奨めはしません。

こちらは新しい物に交換してください。


指板のアールが直ったら、新しいフレットを打ちます。

指板を削る際もフレットをすり合わせる際も、サイドが落ちないように調整します。


フェンダーのギター等では特にそうですが、指板の中側を意識的に少し多めに削ります、チョーキングの際等に音詰まり等無い様にフレット調整します。


音や演奏に満足する為には、各パーツのバランスが大事です。

 

 

フィンガーボード(指板)厚み修正 / Martin HD-28

指板を剥がさなくてはならない場合と言うのは、大概ギブソンのロッド交換の場合ですが、こちらのMartinは何故、指板を剥がしているかと言いますと。

過去、指板の歪みの修正やリフレットなどで、指板が大分薄くなってしまい、ネックも反っているという状態で、今後ミディアムゲージを使用予定の為、指板の厚みを戻します。

指板を貼り直すことで、反りを修正して、更にネックを外して角度の修正もします。

剥がした指板の裏側にエボニーを足して厚みを調整します。

抜いたフレットの溝にダボを打って、接着の際動かないようにします。

薄かった時点の画像を撮り忘れましたが、ポジションマークの位置を見ていただけると、どの程度薄かったか想像できます。


縞模様の入った指板ですので、足した分の黒檀が分かります。

ネックに角度がついた分、ハイポジションが落ちますので、その分厚くして指板上まっすくにします。


指板はそれぞれの理由で、ローポジションが削られている場合とハイポジションが削られている場合のどちらか、あるいは別の時期にそれぞれ削られている場合が有ります。


指板が薄いからと言って、別段問題は有りませんが、今回は修理も含めて、ミディアム仕様にするというカスタム修理でした。

 

指板(フィンガーボード)修正 / クラシックギター(フラットフィンガーボード)

6773x9

 

修理等でネック折れと並んで依頼が多いのがリフレット(フレット交換)ですが、フォークギターやエレキギターと違いクラシックギターはあまりありません。

クラシックの場合1~3弦がナイロン弦ですのでフレットがほとんど減る事がありません。

ですが、他のギター同様、指板(フィンガーボード)が歪んでいるものは、フレットを取って指板を修正しなければなりません。

 

6773x1

指板の修正をし始めていくらか削ったところです。

長いネック用の擦り板で削りますので、削れている所と、擦り板が当たっていない所とが分かります。

 

6773x2

クラシックの場合、指板を真っ平らに仕上げなければなりません。

奥に写っている幅広の擦り板は最初からは使いません、指板の端が落ちてしまったり、うっすら指板にアールがついてしまったりして、真っ平らな指板にならなくなります。

6773x3

フォーク、エレキ、クラシックギター、どれも指板を削る際は、アールの事、アジャストロッドはどうなのか、角度は十分なのか、いろいろな事を考えて削ります。

6773x4

クラシックギターの場合、このように

6773x5

どのポジションでも

6773x6

平らでなければなりません。

6773x7

 

6773x8

フレットを交換しましたら、ナットも新しいフレットに合わせて作り直します。

 

どのギターの指板を修正する際も、ストレートにする事が一番の目的ですが、それに到達するためにバランスが悪くなっては元も子も無くなってしまいます。

10歩引いて、仮にバランスが崩れても、弾き易くなれば良いのですが、弾き難くなってしまっては全く意味の無い事になってしまいますので、リフレット(指板修正)する以前にネックの修理をしなければバランスが保てない場合があります。