バインディング

バインディング剥がれ / Martin OOO-45

バインディング剥がれと言えば、近年ものマーチンの恒例行事として、オーナー様にはリペアが義務付けされています。

と思っている位がちょうど良いと思います。

これ位でしたらかわいいもんですが、ただ剥がれているわけではなく剥がれている分、セルが縮んでいますので接着は難しいです。

大きく剥がれてしまっている場合は、その場合ごとに方法は変えて取り組みます。

大きく剥がれた、バインディングの修理は過去の記事のどこかにありますので、よろしければ見て下さい。

 


バインディングは縮んでいますので本来でしたら一旦、端まで剥がして貼り直すのが正しいですが、剥がれていない所を剥がしますと塗装が切れますので幾分汚くなります。


ですので、剥がして詰めずに出来るだけ、そのまま貼って仕上げます。

剥がれていないバインディングは縮んでいないのではなく、縮んでも剥がれずにくっついているわけですから。


アコギの場合は、どうしったって修理しながらでないと維持出来ない部分はありますが、こうしたメーカーの弱点は、外車に乗ってると思って、付き合うしかないでしょうね。

 

バインディング剥がれ / Guild


 

バインディング剥がれと聞いて先ずマーチン以外想像しませんが、そうは言っても同じような素材で、同じ様な作り方をしている訳ですから、他のメーカーでも同じようなトラブルは生じます。

大体は、セルが縮んで引っ張られるウエスト部分周辺がはがれていることが多いのですが、こちらは派手にはがれています。

そのままはがれている部分だけ貼れる場合もありますが、縮みが大きい場合は端まで一旦はがして、元の部分から詰めて貼り直します。その場合は白黒のトリムもバインディングと分けないと辻褄が合わなくなります。こちらのギターは言わずもがなです。

詰めて長さが足りなくなった部分は、新しい材料を足します。

 

 

古い接着材は出来るだけ取り除いてから貼ります。


 


 


 

無くなってしまってる部分や、長さが足りなくなった部分は新しく足します。


 


 


 

 


飛び出している黒い部分が足されたバインディング。

少しであれば、押さえつけて貼る事も可能な場合はあります。

 


但し、これだけの長さが足りないのであればいくら押さえつけても貼りつけることは出来ません。

 

 

   

トリムも同じ様に縮んでいますが、新しい材料を足す部分はバインディングの位置とは異なる場合が多いです。

はがれたら貼り直せば良いのですが、大概は剥がれた原因を修正して貼り直さなければ意味の無い修理になってしまいます。

 

 

バインディングはがれ接着 / Martin D-35


このバインディング剥がれは、Martin特有の現象と言ってもいい位です。


セルが縮んでボディのウエスト部からはがれてくるのが常ですが、このD-35は然程古くないのに剥がれちゃってます。


このまま貼れるのか、端まで剥がして切らなければならないか見極めます。


接着の後は、段差が無く、密着しているか良く確認します。


表面がきれいに出来ているかはもちろん気になりますが、少しでも密着できていないと非常に気になります。


密着出来なければ、トリムの黒の部分が太く見えてしまいます。

多少はバリなど出ますが、そこは接着後に研いてきれいにします。

古いMartinはこんな事無いのに何故、近年のマーチンははがれるのでしょうか、Martin だけ。

それぞれのメーカーで時代時代に諸事情はあるのでしょうが、なんとかなりそうなものも、対応しないのは修理屋にとって都合は悪くはないのです。

 

 

バインディング剥がれ修理 / Martin


 


 


 


 


 


 


 


 

過去のバインディング修理のブログを見ていただいた方はお分かりですが、今回はバインディングは一旦剥がさず修理しました。

剥がす場合も剥がさない場合も、どちらも一長一短あります。

”完璧な修理方法は、この場合ネックを外して、縮んでしまったバインディングはトップもバックも全部取り外します、そして新しいバインディングに交換します、塗装も修正します、そしてネックを戻します。”

が、これでは幾ら修理代が掛かるか分かりません、全く現実的ではありません。

これ以外の修理でも同じ事が言えますが、ほとんどの場合が”丁度良い修理”で、稀に完璧を目指す修理があるのかと思います。

 

 

 

 

バインディング剥がれ接着 / Martin


 


 


 

 

マーチンのバインディング剥がれです。

経年変化でセルが縮んでくびれから剥がれてきます。

 

継ぎ目がヒール下に見えますので、そこまで慎重に剥がしてから、詰めて貼りなおします。

この隙間の分、このバインディングは縮んでいます。

 


 


 

     トップのバインディングは、ネック部まで剥がしても指板の下に隠れている先端部が抜ける保障がありませんので、このまま頑張って貼りなおします。

      貼り直したバインディングは、トップ、バック共、手触りで段差が無いように磨いて仕上げます。

 

 

足りない分は、足して。

マーチンのバインディングはオールドの時代のように貼ってくれれば、剥がれ難くなるのですが、そうは行かない大人の事情があるのでしょうか。

 

バインディング剥がれ / Martin

バインディング剥がれです。セルが縮んで接着力が足りず、剥がれます。

メーカー、メーカーでウイークポイントは何かしらありますが、Martin の場合はバインディングが剥がれやすいです。


接いであるヒールキャップ下までカッターで筋を入れてから慎重に剥がします。

ですが、その際どうしても塗装が多少チップしてしまいます。


自然に剥がれたバインディングは、塗装がきれいに分離してはがれているので、剥がれの範囲が大きい(長い)方が都合は良いです。


密着させて貼りなおしますが、場所によりバインディングの厚さが多少違いますので、ずらした場所ではピッタリいきません。


多少凸凹した所は削って磨き、ヒールキャップ下の足りない所はバインディングを足します。

 

ほとんどやる事はありませんが、今回は珍しく、塗装の修正まで行きます。

小さく欠けた塗装部分だけ塗装は出来ませんので、大きい面積で吹かなければなりません。


ですので、非常に面倒ですが、


仕上がりも、修理費も良い感じです。